歯周病に関して知りたいならこのサイトがおすすめ

この記事をシェアする

歯周病の怖さって知ってる?

歯周病の怖さ

歯周病は、自分自身が気づかないほど静かに進行していくため、静かな病気(サイレント・ディジーズ)とも呼ばれています。
成人で歯を失う原因のダントツトップとなっているのが歯周病であり、多くの人が歯周病の進行に気づかないまま過ごし、気付いたときには自分の歯を失わなければならない事態となってしまいます。
歯茎の炎症、その奥にも症状が広まっていくと酷い口臭が発生し、やがて歯がグラグラしてきます。
しかし歯周病の初期である歯肉炎では、痛むこともなければ他の症状も特に出ません。
自分の歯は大丈夫だと油断している一方で、少しずつ静かに歯周病が進行してしまうケースがほとんどなのです。
さらに近年は、歯周病が糖尿病・心臓病・動脈硬化・メタボ・肺炎・脳血管障害といった恐ろしい病と関係があるということも分かってきています。
歯を失うだけでなく命を脅かす病の可能性もある歯周病に関して、多くの人が知る必要があります。

治療方法

歯周病の治療で、注目されるのが、歯周ポケットの状況です。
歯周病の進行度で治療法は変わりますが、どの進行度でも必ず歯周病の基本治療が行われます。
歯の噛み合わせの調整、歯根の面を滑沢させる、歯石除去(プラークコントロール)といった治療です。
歯周病の原因となるプラーク(歯石)は、歯科医で綺麗に除去してもらうだけでなく、自宅でも正しい磨き方で落としていく必要があります。
ブラッシングで対処できない場合や進行が進んでいる場合には、外科治療として歯周ポケットの深さを改善する手術が行われます。
骨が失われている場所には、再生療法である再生手術が行われるケースもあります。
進行度に関わらず、早期に治療する事が大切です。



PAGE
TOP